カジノ法案成立でベラジョンカジノも解禁?合法化?

下記より当サイトから無料登録で3000円プレゼント!

カジノ法案成立でオンラインカジノも解禁?合法化?

2016年時点、日本では「カジノ」が合法化されていませんが、11月~12月頃から今後の日本経済の方向性を見据えた様々な審議が議論されていくと言われています。もしかすると2017年~2018年あたりにカジノ解禁が実現するかもしれません。

カジノ法案成立が可決するとどうなる?

この日本で「カジノ法案」が可決されることになれば、当然ギャンブルに対する法制度の見直しが行われることになるわけですが、それと並行して「オンラインカジノ」に関する法律も徐々に整備されていく見方が強いと思われます。

「ベラジョンカジノ」の人気は加熱する?

現在人気No.1のオンラインカジノ「ベラジョンカジノ」を含む日本の四大オンラインカジノ「ベラジョンカジノ」「エンパイアカジノ」「W88カジノ」「NetBetカジノ」は、インターネットを使ったカジノゲームでラスベガスやマカオなど本場のカジノ場が日本にいながら体験できるため大変人気のオンラインカジノです。

本場カジノのスロットマシーン、デジタルゲーム(電子バカラ・電子ルーレット・電子クラップス等)、ライブ中継ゲーム(ライブバカラ・ライブルーレット・ライブクラップス等)の3種類を海外カジノへ行かなくてもプレイすることが可能です。

そのため、主に海外カジノが好きな人を中心に大きな人気を博しており、日本に住んでいても気軽に楽しめることから、年々ゲームプレイする人が増えています。

日本の現刑法「賭博行為を禁止する刑法」の問題

日本の現刑法「賭博行為を禁止する刑法」第185条~187条と第2条・第3条(国外対応法に関する内容)により、オンラインカジノのようにギャンブル胴元や関連企業(入出金サービス等)が海外企業かつ合法的に運営されていれば、日本の法律の適応外となり安心して遊ぶことができます。

結果としてベラジョンカジノを含む他オンラインカジノは、まだ合法・非合法を問われる法律さえ整備されていない状況であり、現状グレーゾーンに位置していることで賛否両論が分かれる状態になっているのです。

国営オンラインカジノの経営事例

オンラインカジノは、とくにヨーロッパ、アメリカ合法州、カナダなどカジノ先進国で10年以上も前から楽しまれているオンラインゲームです。

スウェーデンのように国がオンラインカジノを経営している国があったり、イギリスのマン島やカナダ、フィリピンのようにオンラインカジノライセンスを国が発行していたり、モナコにいたっては本場カジノ企業がオンラインカジノも運営しているなど、世界的には信頼性の高いエンターテインメントとなっています。

最近では、カジノ市場が不振に陥っている米ニュージャージー州アトランティックシティで、シーザーズカジノアトランティック、タージマハールカジノリゾート、バリーズアトランティック、ハラーズアトランティック、ボルガタホテルカジノなど名だたるカジノリゾートが、オンラインゲーミング企業とのジョイント提携を発表するというニュースもありました。

オンラインゲーミング関連企業の安全面においても、多くのオンラインカジノ運営企業やゲームメーカーが各国株式市場の大手上場企業なので、現状自己責任でプレイする必要があるものの、信頼性はあると言えるでしょう。

もし日本でカジノが合法化し解禁?

オンラインカジノが合法化し解禁されれば、その数年後にオンラインカジノも合法化される可能性が高いと考えられます。カジノもオンラインカジノも健全経営で莫大な利益を国にもたらすサービスであることは、これまで各カジノ先進国が証明してきている事実・・・今後の動向に注目したいところです。

下記より当サイトから無料登録で3000円プレゼント!