ベラジョンカジノで稼いだ後、稼いだお金の確定申告の方法とは?

下記より当サイトから無料登録で3000円プレゼント!

オンラインカジノで一定額の利益を上げると、確定申告が必要となります。特別控除などを利用すれば、支払金額は減るので、収入総額が大きくなったときは、必要書類をまとめ、手続を進めていきましょう。

大きく勝ったらするべきこと

最近はオンラインカジノが流行っており、ベラジョンカジノをはじめ、様々なカジノが運営されています。カジノである以上、当然お金を賭けることが出来るので、大きく勝てば、それだけ大きな利益を生むことが出来ますが、その利益が非常に大きな物になった場合は、決められた期日までに、確定申告を行う必要があります。もちろん忘れたり、ごまかしたりすると、脱税として処分されることになるので、後々トラブルを起こさないよう、前もってやり方を学んでおきましょう。

どれだけ勝ったら必要か

まず基本的な知識として、ほとんど勝てていないという方は、確定申告を行う必要はありません。ベラジョンカジノをはじめ、オンラインカジノで得た利益は、一時所得として扱われるのですが、年間の一時所得が50万円以下だった場合は、納税の義務は発生しません。ですが、50万円をオーバーした場合は、一時所得のうち半分を、所得税として納税しなければなりません。そのため、大きく勝ったときは、前もって所得税を払えるだけの蓄えは、確保しておかなければなりません。

特別控除を利用する

所得税の支払額は、一時所得の2分の1という計算で導き出されますが、所得税の支払額は、特別控除によって割り引くことが出来ます。特別控除は、一時所得の計算時に用いられ、仮にオンラインカジノで100万円以上勝った場合は、特別控除が、最大で50万円分受けることが出来るので、所得税とした最終的に支払う金額は、特別控除が最大限使えた場合、25万円ということになり、大きく負担を減らすことが出来ます。

手続の方法

確定申告の手続は、税務署に申込書をはじめとする、各種書類を提出する形で行ないます。書類の内訳は、自分の勤め先の源泉徴収表と、オンラインカジノの支払調書、経理の領収書やレシート(所得が300万円以下の場合は不要)が必要となります。支払調書は、ベラジョンカジノなどオンラインカジノのサポートに連絡すると、郵送手続を行ってくれるので、カジノを利用する前に、そうしたサービスがあるか、念のために確認してみてください。

オンラインカジノは、大きく勝てるチャンスがありますが、その分守らなければならないルールがあります。せっかく勝ったのに、ルールを破ったせいで儲けがゼロにならないように、前もって守るべきルールのことを知っておきましょう。

下記より当サイトから無料登録で3000円プレゼント!